18.8.06

fiiif.jpg

0  ■0  ■0  ■0  ■0
  ■0  ■0  ■0  ■0  ■0 
  ■0  ■0  ■0  ■0  ■0 
  ■0  ■0  ■0  ■0  ■0  
 0  ■0  ■0  ■0  ■0  
 0  ■0  ■0  ■0  ■0 
  ■0  ■0  ■0  ■0  ■0 
  ■0  ■0  ■0  ■0  ■0
   ■0  ■パソコン内に散在するデータファイルを簡単に収集・整理できるソフト0  ■製品:試用不可
ファイナル画像・音楽・動画 Copy2Go 20# メイン画面。マイコンピュータ内の複数ファイルを検索し、外部メモリにコピーできる# ◎そのほかのスクリーンショット 指定したタイプすべてのファイルを一括コピーもできる# リムーバブルディスク上にソフト本体をインストールも可能
パソコン内に散在するデータファイルを自動収集し、USBメモリなどにコピーできる“データ自動検索・コピーソフト”。「ファイナル画像・音楽・動画 は、パソコンのハードディスク内にある画像、写真、動画、音楽などのデータファイルを自動的に検索し、まとめてUSBメモリなどの外部メディアにコピーできるファイル管理ソフト。外部メモリから、ハードディスクにファイルを書き戻すこともできる。
インストール後、まず最初に内部ドライブと外部メモリの登録を行う。これは、パソコンで使える複数ドライブのち

「どのドライブがローカルディスクで、どのドライブが取り外し可能な持ち出し用であるのか」を指定するもの。USBメモリなど、持ち運び用メモリで使われるドライブレターを指定すれば、以降は、そのドライブが持ち出し用の「2goドライブ」、それ以外のドライブが「マイコンピュータ」として登録される。

使い方は簡単だ。(1)データを持ち出すのか書き戻すのかを設定し、(2)対象を選択する。
 データのコピー方向の設定は、画面上部に表示された「マイコンピュータ」または「2goドライブ」のアイコンを選択すればよい。選択した方がコピー元(操作対象)として指定される。
操作対象が指定されると、ドライブに含まれるファイルが検索される。検索は極めて高速に行われ、ユーザはほとんど意識することなく操作を続行できる。検索結果はキャッシュとして記憶される。
次は、検索されたファイルから実際にコピーするものを選択する。コピー対象となるファイルは「画像」「音楽」「動画」「文書」の各カテゴリーに分類され、画面上のアイコンクリックで簡単に切り替えられる。カテゴリーの選択後、表示されたフォルダ/ファイル一覧の内容を確認し、コピーしたいファイルを選択状態にする。選択したフォルダに含まれるファイルは、ファイル名はもちろん、アイコンやサムイルで確認できる。最後に「コピー」を実行すれば、選択されたファイルすべてが一気にコピーされる仕組み。
 
コピー対象のファイルが固定されている場合は、それらを「グループ」として事前登録しておくことも可能。例えば、「仕事に使うファイル群すべてをグループ登録し、それらを一気に他
 のディスクにバックアップする」といった簡易バックアップソフトのような使い方ができる。個人情報を含むファイルや画像など、他人に見られたくないデータの場合は、内容を非表示にするようにもできる。コピー時には、ファイルの一括リネームなどを行うことも可能
 だ。画像」「音楽」「動画」「文書」の各カテゴリーには、あらかじめ代表的な拡張子が登録されているが、必要に応じてユーザがカスタマイズすることも可能。特殊なアプリケーションで作成されたファイルなども持ち出し/書き戻し対象にできる。最近のハードディスクは本当に大容量になった。このため長期に渡ってパソコンを使い続けていると、どこにどのデータがあるのか、まったくわからなくなってしまうことも多い。例えば、エクスプローラのファイル検索や、Googleデスクトップサーチなどのように、自分のディスクの内容でありながらサーチツールが必要になってしまうのはこのためだ。しかしこれらの検索ツールは、強力である一方、検索に時間がかかったり、あらかじめインデックスを作っておかないと使えなかったりするのが悩みの種だ。また画像データのように、人間が実際のその内容を見てみないと検索できないような場合も多い。ファイナル画像・音楽・動画 Copy2Go 2006 PRO」は、ソフト名だけを見るとまるでコピーツールのように思えてしまうかもしれないが、その実態は、こうした行方不明のファイルを探すといったことに役立つ「ファイル管理ソフト」に近い。メリットは、とにかく検索が速い点。実際、いつの間に検索したのかと思うほど検索作業は瞬時に終わるし、その後の操作も軽快。もちろんGoogleデスクトップサーチのように、ファイルの内部が検索できたりするわけではないが、画像のサムネイル表示やファイルのプレビューを駆使すれば、目的とするファイルは人力でも意外にあっさりと見つけられるものだ。もちろん、ソフトの主目的は、そのようにして検索したファイルを「外部メモリ」にコピーする点にある。ファイルを検索したあとは、そのファイルを実際に1ヵ所にまとめたり、バックアップしたりすることが多いため、それらをワンタッチで実行できるというのは大きい。しかしそれよりも、目的とするファイルが実にスピーディに見つかる、という点もかなりメリットがあるのではないかと感じさせられた。天野 司)ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
パソコンにたくさんの写真や音楽のファイルを保存している場合、「あれ、あの写真はどこに保存したっけ?」といったことや、「写真を友人にも見せてあげたいけど面倒だな」なんて思ったことはありませんか?「ファイナル画像・音楽・動画 Copy2Go 2006 PRO」を使えば、簡単にお探しのファイルを見つけて持ち運ぶことができます。
起動したらまず、画面上の「マイコンピュータ」ボタンをクリックします。これだけでお使いのパソコンにある画像ファイルなどの検索がはじまります。見つかった画像ファイルはプレビューウィンドウに画像表示されるので、持ち運びたい画像を選択して「Copy2go」ボタンをクリックしてください。接続している USBメモリなどに瞬時にコピーして持ち運ぶことができます。ソフトの名前通り、写真などの画像ファイルだけでなく、音楽ファイル、動画ファイル、また文
パソコン内に散在するデータファイルを簡単に収集・整理できるソフト0  ■製品:試用不可ファイナル画像・音楽・動画 %20# メイン画面。マイコンピュータ内の複数ファイルを検索し、外部メモリにコピーできる# ◎そのほかのスクリーンショット 指定したタイプすべてのファイルを一括コピーもできる# リムーバブルディスク上にソフト本体をインス

2 Comments:

Blogger Shin said...

This comment has been removed by the author.

1:48 AM  
Blogger Daiki Ichikawa said...

awesome

10:37 AM  

Post a Comment

<< Home